MENU

itunesに一万曲入っているので、HDDとクラウドストレージに保存する。

f:id:japan-neworder:20160609155242j:plain

皆さんはitunesのライブラリに何曲入ってるだろうか?100曲、いや、1000、2000曲ぐらいだろうか?最近はスマホでもパソコンでも容量が増えて、一つのデバイスにたくさんの曲が入るようになった。

昔は持ってるライブラリをすべて入れるなんて到底不可能で、400曲ぐらいライブラリに同期しただけですぐに容量がいっぱいになったものだ。僕はipodのヘビーユーザーだったが、容量が8GBあるだけで、「おお!これはすごいぞ!」と喜んでいたことを考えると、懐かしく感じるものだ。もちろん、最大128GBのウォークマンが発売されている今では考えられないことだが。

 

パソコンが重いので音楽をHDDに移動することに

 

僕は洋楽が大好きで、1950年代から現在までの主要なヒット曲やアルバム、ロック、ジャズジャンル問わず入っている。今まで集めたライブラリは全部で1万曲以上で、パソコンパソコンの容量を200GB以上食ってしまうようになってしまい、最近はパソコンの動作が重く感じている。

「これは何とかしなければ・・・!そうだ!データを移動させよう!」

ということで、データの移動を決意した。いや普通、もうどっかに移動させてるでしょ、と思うかもしれないが、以前のWindows7ではデータの書き込みが遅くて、外部HDDに12時間ぐらい読み込ませても半分も移動が終わらないぐらいだったので、ずっと尻込みしていた。

 

今回HDD保存に再チャレンジすることにしたが、Windows10はやはり7とは格が違う。強制アップグレードの件で世間を騒がせているが、全体的な能力が上がっているので、書き込みのスピードが段違いで、一万曲という膨大な曲数を移動するのに8時間というかなりの短時間で終了した。(それは短時間といえるんだろうか…。)

 

クラウドストレージにも音楽を保存

 

おかげでパソコンが軽くなり、いきなりパソコンが壊れたらどうしよう、と毎日心配することもなくなったのだが、今度は外部HDDが壊れたらどうしようと心配になり、前々から気になっていたクラウドストレージというのに触手を伸ばすことになった。

最近初めて知ったが、例えば、有名なDropboxだと1ヶ月1200円払うだけで1TBの容量が使えるらしく、保険をかけるためにそちらにも音楽データを移動することに決めた。画像や動画も保存できるし、どこでもデータにアクセス出来るのは非常に便利だ。

 

まとめ

 

やはり、膨大な音楽ライブラリは外部HDD、クラウドストレージの2本立てで保存するに限る。どちらかダメになっても問題ないし、パソコンのHDDやSSDで保存するとすぐに重くなる。保険をかけておくのは、何において重要だ。

 

 

広告を非表示にする